2016年味噌仕込み完了。

  • 2016.03.18 Friday
  • 08:33


わーい!昨年仕込んだ白米麹と玄米麹のお味噌が出来上がりました。
麹はいづれも 長野の藤井くんが手塩にかけて作ってくれます。

玄米麹は2年寝かせるはずだったのですが、思いがけず
美味しく出来上がっていましたので、二つのお味噌とも味噌びらきをしました。

昨年ご予約いただいている皆様、アトリエにお越しくださいね。
お越しのさいは宗操へご一報ください。
unjour_unchien@mac.com まで


前日に火入れした秋山農園さんの大豆はあまーくて美味しい♪
つまみながら、、、お酒も♪

長野から道具を積んできてくださった味噌講師のもえちゃん。
日々の暮らしを豊かにする食のお話も素敵です!



味噌仕込みチームは菌仲間。
今回は秘密のミッション!想いやり生乳のひとしずくを
味噌仕込みに投入!! 
エネルギー注入!魔女チームといってもいいのかな〜笑
この味噌を食べると波動が上がりますよ!








おにぎりと味噌汁は 愛をこめた 宗操作。
(あたす、、がんばっただぁ。。普段しないことを〜笑)

味噌汁は昨年の白米麹と玄米麹味噌と6年目になった
特別熟成味噌、三種類をいれました。濃厚でした。。
(いづれも少しの販売ができます。ご一報くださいね)

赤城でウドなどを作っている友人の清美ちゃんが
送ってくれた新鮮なウドも一緒に!
器はmarsa*作と宗操作も使ってみました♪


最後のデザートは長野のちかちゃんが作ってくれた味噌入りシフォンケーキ♪
しっとりとして美味しくいただきました。
お茶は タンポポ農園さんの無農薬六条麦茶♪あう〜!


いろんな人が集って、幸せで、
その場にいなくても、いろんな形で繋がっている感を感じられたひと時でした。


味噌仕込みは昔から培ってきた日本の文化であり、
魔法、そして魔女たちの集いでもあったのだなあ、、

日本のおばあちゃんたちは みんな魔女。
家庭でその魔法を笑顔で無意識でつかって
みんなを幸せにしていたんだ。。

手仕事、菌、笑い声、美味しくいただく、魔法の時間。
それらを深いところでキャッチした気がしました。



ありがとう♪
北海道でも味噌仕込みしたい〜。



宗操










 

群馬みそ部初仕込み♪

  • 2015.03.30 Monday
  • 09:00


みその仕込みをしました。
5年前に川場村で仕込んだ味噌以来です。

梅の枝をいただいたり、友人からまきをいただいたり、お庭の木々もつかって断捨離〜♪

会の最初には全員で手をつないで、フラダンスのカヒコを踊る時に唱えるお祈りを二人に唱えていただきました。
私もカヒコを習い始めていますが、(古代フラ)まだ覚えていないのです、、、長いお祈り。



みんなの気や菌がはいります。昨今の除菌ブームに注意です!
私たちは菌に囲まれて生きているのですから。




午前と午後の仕込みのあいた時間ではプチ和紙のちぎり絵レッスン。 
横浜の秋麗会の師範をもつ我が母、むつ先生にお願いし、桜の花を
ちぎってはしぶくろにはりました。



午後の部では藤井麹の白米麹を使っています。子どもたちがかわいかった!
ちなみに午前の部は玄米麹で仕込みました。こちらは2年寝かせます。




おにぎりには 5年熟成の味噌をつけて食べていただき、スープは月明り食堂作♪
スーパーまるおかさんの丸鷄でしあげたチキンスープです。
お米も九州の無農薬米。
土鍋で炊きました♪いい感じでお焦げも出来て、、米炊き成功してよかった♪
もえちゃん作の麹のおやつも優しいお味でした。



長野のみそ部 部長の栄子ちゃんと、もえちゃん♪
栄子ちゃんは 日々味噌作りをしていて、その道具一式を持ってきてくださいました。
ホンムネ君と名前をつけた築100年以上の家を守りながら味噌づくりをしています。

もえちゃんは ご主人の藤井君作の白米麹と玄米麹を持ってきてくれました。
明け方の大豆の煮方では うっかり焦げそうになったところを栄子ちゃんのおかげでセーフ。
ありがとうございました♪

中川村との交流はこれからもカヒコつながり、そしていけばなレッスンなど、
濃くなっていくとおもいます。惹かれる土地と人々♪

安満沙和子さんの呼吸法や想いやり生乳の長谷川社長さんとのつながりができたり、
長野の皆様、これからも宜しくお願いします。

会の最後にお二人にカヒコを踊ってもらいました。
急なお願いにも快く踊っていただきありがとうございました。
次回は私も一緒に♪


そして、1年後に味噌開きのお祝い会しましょう。そしてまた新たに仕込みます♪
菌をテーマにしたワークはづつけたいですね。

お味噌は白米麹のものは1年後、玄米麹のものは二年後に開けます。
味噌台帳をつくっていますので、ぜひご予約してください。
仕込んだ方以外の方でも購入できます。
アトリエTORICO舎にてみその販売もしております。


米と麹、塩、水があれば生きていける。
日本人の強さはそこからも生まれていたのだと思いました。

昔の食生活を見直していきたいものです。





花師・宗操





































 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM