踊りのこと

  • 2017.01.30 Monday
  • 21:43

久しぶりの投稿です♪踊りについて

 

私は 小学校は青森市の森優子バレエ団でモダンバレエ、中学から東京の杉並区に在住♪

学芸大学駅の谷桃子バレエ団でクラシックバレエを習っていました。(電車で1時間30分以上かかったぁ)

 

幼稚園はクリスチャンの幼稚園で、クリスマス会の劇では 踊る天使役、

アラベスクという漫画に没頭!バレエ馬鹿してました、、

 

とにかく踊ることが好きで、フラメンコ、ベリーダンス、フラダンス、と

いろいろ楽しんでいます。今は DVDを見ながら一人レッスンしたりサボったり。

 

そして、昨年、北海道に来る前に、群馬にて、新しい風が吹き、

民俗舞踊、森神花蓮(ラカカレン)というグループができました。

 

安満沙和子さんと小島千絵子先生がセドナで出会って、群馬で私と出会ってくださって、

フラメンコの師匠の宮崎あゆみさんがその後千絵子先生をオーガナイズしてくださって、、、ラカカレンが誕生。

森の神と書いてラカということを教えてくれたのは

ハワイ島に滞在した時のフラダンスのレイの先生。

その時のメモが残っていて、、ラカ。。。にとても気持ちが合ったので♪いただきました。

カレン 花蓮は 千絵子先生がアトリエてらすにいらしてくださった時におっしゃってくださって。。

 

小島千絵子さんは 鼓動の名誉会員で、太鼓と踊りの名手。

踊りのレッスンは毎月群馬で行われることになり、(踊りを教えてくださることは

稀なことのようです!!)

第一回目は 素晴らしいレッスン!文字を書くように手を動かす。

 

音楽は作詞作曲を千絵子先生自らオファーした木村俊介さんの作品。

「宵のゆんづる」

懐かしいような、素敵な歌と音です。

 

ゆったりと動かす手と体。

簡単な動きだからこそ、難しい、、でもこの動きなら老若男女 誰でも踊れる!

 

輪になって月夜に踊りたい、踊り。

北海道でやりたい、、月が綺麗な夜に。。

 

さて、、群馬の踊りの会「ラカカレン」がどのような流れになっていくのでしょうね。

2月の日程など、詳細は宮崎あゆみさんがFBにてフォローしてくださっています。

 

詳細決まりましたら、またお知らせいたします。

 

お問い合わせご質問があれば

こちらにメッセージください。

hanashi.sousou@gmail.com

 

 

 

 

 

 

宗操

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.07.06 Thursday
  • 21:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM